スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

子供へのフラワーエッセンス

春のうららかな陽気の中、皆さんいかがお過ごしですか?♪

姪っ子はこの春から幼稚園に通うことになりました。
子供の成長は本当に目を見張るものがありますね。
どんどん新しいことを吸収していって、ビックリするやら興味深いやら。。

最近は◯◯ごっこ(?)を覚えたようで、キティちゃんになりきるのが楽しいようです。その際は周りの人も色々なキャラクター名が付けられています。
姪っ子がキティちゃんになっている時は、「キティちゃん!」と呼びかけないと反応してくれません。「ちーちゃん(姪っ子の名前)」と呼んでも、「ちーちゃんはいないよ」って言われてしまいます(笑)なんて可愛らしいのでしょう^^
ちなみに私は「うさはな(というキャラクター)」らしいです♪

公園で知らない子供達にも「あそぼー!」って話しかけられるほど元気のようですが、幼稚園入園前の一日入園では、大泣きしてずっとママの傍を離れられなかったとか。。
家に帰ってからも、幼稚園行かないと泣いていたようで、そんな姪っ子にフラワーエッセンスを使ってもらうことになりました。

入園式まで実質一週間もなかったのですが、ママ(私の妹)はちゃんと飲ませてくれたみたいで。
入園式では泣かずにおりこうさんだったと聞きました☆よかった!

レシピは
・ウォールナット(新しい環境に早く馴染めるように)
・スターオブベツレヘム(一日入園での嫌な思いが癒されるように)

全てがフラワーエッセンスのおかげかは分かりませんが、少しは役に立ったのかな?

子供は大人ほど行動パターンが固定しておらず、心理的抵抗がほとんどないので、フラワーエッセンスに早く反応して効果が上がることが多いようです。
「治療より予防の方が良い(備えあれば憂い無し)」という諺のように、早いうちからエッセンスを与えていると、人生で避けられない浮き沈みや失望を経験しても、心に深い傷を残さずに乗り越えていくことができる、とのこと。
『バッチと花療法 その理論と実際(メヒトヒルト・シェファー著)』より。
必要であれば、今後も子供たちにもエッセンスを試してもらいたいものです。

IMG_6807.jpg

IMG_0071.jpg


今年最後の桜は白金台の東京都庭園美術館にて♪

スポンサーサイト
flower essence | 【2010-04-13(Tue) 23:02:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © KUMI's Happy Life vol.2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。