スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

後悔する前に・・・

9・11の同時多発テロの時、有名になった詩ですが・・・改めて。

「最後だとわかっていたなら」
作:ノーマ・コーネット・マレック
訳:佐川睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言でもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日ですべてが終わるのだとしたら
わたしは今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を 
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを 
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから



先週、祖母が亡くなりました。
病気等ではなかったので、あまりに突然の出来事でとても複雑でした。
もっと沢山話をすれば良かった。もっと会いに行けばよかった・・・
でも、話を聞いていくと、祖母らしい最期だったのだなぁと思い、妙に納得してしまいました。
これからは、きっと上から見守ってくれるのでしょう。

一日一日大事に生きたいですね。


スポンサーサイト
diary | 【2010-02-27(Sat) 01:20:16】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

笑顔

皆が笑顔であればいいなぁと思います。
今日も、明日も、明後日も。
一年後も、五年後も、十年後も。
遠くにいても、連絡が途絶えてしまっても。
執着はしない。
ご縁があれば、またいつか、どこかで繋がります。
そういう風にできているんだと思います。

一時の出会いも、長い付き合いも、全ての人や出来事が私の人生のスパイスになっています。

人との繋がり、感謝、のひとことにつきます。
今日も私は笑顔で過ごせました。皆のおかげです^^

ミスチルの歌詞で「良いことがあってこその笑顔じゃなくて、笑顔でいりゃ良いことあると思えたら、それが良いことの序章です」ってあるんですが、まさにコレ!心に留めておきたいです。(何の歌だっけな~)


笑顔繋がりで楽しかったことを♪

先日、10年来の友とご飯を食べました。
なんとなく・・・英語の話になり、英語で話し始め・・・気付いたら2時間位英語オンリーの会話になってました(笑)

友達は一応帰国子女。海外に住んでいたのが子供の頃なので、ヒアリングは出来るけど、スピーキングが苦手みたいです。
私も同じく。(私の方がレベル低いので、同じくと言ってしまうのは躊躇しますが…)
スピーキングが1番難しいです。。
なので、スピーキング強化しよう!ってことでEnglish timeが始まったのです(笑)

最初はなんだか気恥ずかしくて、当たり障りのないことを話してたのですが、段々慣れてきて普通に色々話せました。
友達の発音の良さに驚きながら、すっごく楽しくて充実した時間を過ごせました(*^_^*)
Sちゃんありがとう☆

私は、今でこそ外国の人に対して、緊張せずに話したりすることが出来るようになったけれど。
島国の日本で、英語を勉強する機会はあれど、なかなか実践で使う機会がなくて、外国の人っていうだけでちょっと身構えてしまう気持ちもすごく分かります。
でも、言葉は違っても同じ人間。
イギリスに居た時や、色々旅行した時に沢山助けてもらった分、私もいざ英語が必要になった時少しでも話せるように、少しでも助けになるように…
英語に触れる機会を増やしたいなぁ♪


diary | 【2010-02-03(Wed) 00:32:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © KUMI's Happy Life vol.2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。