スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

IFAカンファレンス

今日はIFAの25周年カンファレンスに行ってきました!
(※IFAとは・・・私の所属している英国のアロマセラピー団体です)

アロマ系のイベントと言えばビックサイト!何の疑いもなく行ってしまったのですが、、、
ウエストの1~4かぁ。。なんかやたらと黒スーツの男性が…セラピストっぽい人居ない??あれっ?
・・・・・・・・・・・

今回はTOCだったのです( ̄◇ ̄;)
早めに着いてたので、ギリ間に合いましたが、思いっきり場所間違えました
あれだけ楽しみにしていて、何度もお知らせとか見てたのにー!
思い込みってコワイ。。。と痛感(苦笑)

カンファレンスのチケットは完売。
実際何人位いたのでしょう?!数百名のセラピストさん・・・圧巻でした!
こんなに沢山のセラピストさんが、お客様の為に~って日々頑張っているのかなって思うと感慨深いものがあります。

本日のプログラム

①『エビデンスに基づくアロマセラピーの有効性』辻 ゆきえ氏
月経困難関連症状を有する被験者に対してアロマセラピートリートメントを施行し、自律神経機能や睡眠、覚醒リズムに与える効果についての検討。

アロマ含む自然療法、補完医療等はエビデンスが少ないことが多いです。エビデンス取れていないものも沢山あると思います。
不定愁訴や自覚症状って感じ方は人それぞれだと思うので、科学的に立証するのって中々難しい。
アロマは精油の薬効成分が徐々に解明されて、各種セラピーの中ではエビデンスは多い方だと思います。
私は、心や体について、科学では解明されていない未知の部分ってまだまだあると思うし、今までアロマを使用している経験から伝えられることはやっぱりあると思うんです。
もちろん、精油は薬ではありませんし、医療に代わるものとは思っていません。
ただ、コンサルテーションを含むトリートメントを通して、メンタルケアにはすごく有効だと思っています。
心と体は繋がっている・・・だから、心のケアが体のケアになり得るし、ひいては予防医学に繋がるのではと思っています。
私はどちらかと言うとメンタル面を重要視しているので、精油の科学的側面やらエビデンスには、今までそんなにこだわってこなかったのです。
しかし・・・
数ヶ月前、助産院でのホメオパシーの問題(ビタミンKの代わりにホメオパシーを投与し、乳児が死亡した事件)が報じられたのをきっかけに、正しい使い方やエビデンスの重要性を改めて考えさせられました。
今後、私も何らかの形でそういったエビデンスを取ることに協力出来たらいいなぁ、と思いました。

②製油とその酸化過程についての考察 ロバート・ティセランド氏

そもそも私がアロマセラピーを深く学んでみたい!と思うきっかけになったのが、ロバートティセランド氏の『The art of Aromatherapy』という本なのです。
2002年ロンドンに居た時に出会った本。この本を、私は、本当に興奮しながら(英語の本なので辞書を引きまくって)読んでいました(笑)
当時、アロマセラピーについては何の知識もなく、トリートメントがあるということも知らず。
ただただ、良い香りなのかな~??と興味本位で手に取ったものです。
そこで心と体の相関性や精油がそのどちらにも作用するということ、そして沢山の使い方や可能性があることを知りました。
この本が、私の始まり。今でもバイブルの1つで、ずーっと大事にしています。
(あまりに感動して、ティセランド氏が創立したアロマの学校に行きたいと思うも、自分の英語力に断念・・・)
そんな本の著者が来日してくれました!!!
もう、感動もひとしおです。。。
この日を一つの目標に、英語のオンラインレッスンに励んでいたのですが・・・
胸がいっぱいで・・・涙が溢れて・・・全然話せませんでした><
でも、写真を一緒に撮ってもらって、バイブルにサインも頂いて、本当に満足
もうこれだけで、今日参加して良かった!!!心からそう思いました

ティセランド氏のwebsite

③妊娠期及び出産後の精油の使用法 スー・モウスリー氏
(これは選択制のセミナーでした)

現IFA会長のスー・モウスリー氏によるセミナー。
やはり、沢山の経験をお持ちの方のお話っていうのは面白い、興味深いものです
実技も少しあったので、近くの人たちと色々お話しながら練習して楽しかったです。

尊敬するロバート・ティセランド氏と
IMG_1251.jpg

サイン
IMG_2308.jpg

読んでくださってありがとうございます☆
すみません!興奮して長くなってしまいました^^;

どうぞ良い連休をお過ごしください



スポンサーサイト
work | 【2010-09-19(Sun) 22:01:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

マタニティトリートメント~体位~

先日は七ヶ月の妹のマタニティ練習^^

今回はラベンダーとオレンジのブレンドにしました。
前回使用したカモミールは受け付けなかったようです。
(ちなみに少し前に練習させてもらった前サロンの上司は、妊婦さんですがどの香りもOKで、本当個人差あるなぁと思います)

マタニティで頭を悩ませているのが妊婦さんの体位なんです。
マタニティ講習でも色々な体位を教えて頂いたのですが、基本的にはその方にとって心地良いかどうかが大事。
お腹が重くて仰向けが辛い人もいれば全然大丈夫な人もいます。

あとは主訴ですね。
何を目的としたトリートメントをしたいか、です。
脚のむくみ、首肩が凝って辛い、腰が痛い、または精神的要因等。

それらを考慮して体位も決めてるのですが、普通のトリートメントとはやはり少し違ってきます。
今まで半うつぶせのシムス位での脚裏側のトリートメントがやりづらく、(妊婦さんの充実感も考慮し)脚が主訴ならば仰向けでリフレメインにした方がすっきりするかな~と思っていました。

妹)「でも・・・やっぱり裏側やってもらった方が気持ち良いよね!これはどう?」
と、妹自ら新しい体位を提案してくれました!
妊婦さんも体勢的に楽で、私もかなりやりやすく、ヒットしました(笑)
言葉での説明が難しいので省きますが、さすが我が妹!ものすごく感謝しております。。

私は出産経験がないので、そこはハンディになってしまうかもしれないけれど。
その分沢山妊婦さんの話を聞いて、練習して、ニーズに応えられるようになりたいなぁ。



人気ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリック応援お願い致します☆

work | 【2009-09-20(Sun) 14:43:52】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

マタニティトリートメント

妹が第二子を妊娠中につき、先日からマタニティトリートメントを開始しました。
現在六ヶ月。大分お腹も出てきました。
第一子の時は下肢のむくみがひどかったのですが、今回はまだむくみは出ていないようです。
首、肩が主訴で、背中と脚(&リフレ)とお腹をトリートメントさせてもらいました。
精油は妊娠中でも使えるものの中から選んでもらったのですが、今回はローマンカモミール。
妊娠中は嗅覚も敏感になるし好みも変わるので、妊婦さんに選んでもらうのが一番いいのかなと思っています。
妹はラベンダーとかウッド系を嫌悪してましたね。

体を斜めにしてうつぶせになってもらうシムス位では、どのくらいの圧をかけても大丈夫なのか(お腹が圧迫されていないか)を逐一確認しながらでした。
背中の施術時、「お腹がいつも冷たいんだよね~」ということを聞いていたのですが、脚とリフレの施術後にお腹を触ったら温かくなっていました。
やはり足裏の刺激って血流よくなりますね。前回の妊娠時にもリフレを気に入っていた妹なのでした。

面白かったのは、姪っ子が精油やトリートメントに興味を持ってくれたこと(*^^)
精油の香りを嗅いで、好き/嫌いを示してくれました♪
便が出づらい時に妹がお腹のマッサージをしてあげているらしく、姪っ子もやりたい!と言ってくれてたのですが。昼寝をしちゃって今回は断念。。
次回トライしてみようと思っています。

今回のマタニティトリートメントは出産まで定期的に行ってみて、心身の変化を見ていきたいと思います♪

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリック応援お願い致します☆

work | 【2009-09-02(Wed) 07:41:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

サロンか独立か②

☆独立のメリット
・何より全てを自分で決められること。(立地、営業時間、メニュー、接客の仕方、扱う化粧品やオイル等)
・それゆえ作り上げる喜びや充実感が大きいこと。
・ライフスタイルの変化に合わせて活動できること。
・自分のカラーに合ったお客様に出会えること。
・自分次第で色々な可能性を探れること。(セラピスト以外にも、講師をしたりコラボをしたりイベントを主催したり…)

☆独立のデメリット
・全ての責任を負わなければならないこと。(何かトラブルがあった時等)
・給与が決まっているわけではないので、生活が安定しない可能性があること。
・怪我をしたり病気をした時に代わりがいないこと。

何に対しても言えることですが、自分次第というところが大きいですよね。
どこにいても、学べることは沢山あります。
独立して思ったのは、サロン勤務(に限らず会社に属するということ)は、本当に守られているところが大きかったなぁということです。
働いていた時は、不満に思っていたことも多くありましたが、今思えば、すごく安全に働く環境を与えてもらっていたし、色々な経験をさせてもらいました。

少し前8/3の朝日新聞で、マッサージビジネスの特集をしていました。
日本でクイックマッサージ業界が急成長したのは96年~06年。監督官庁や業界団体がない為、店舗数や売上の統計がないのですが、民間調査会社の推計によると市場希望は年間2000億円を越えているそうです。
クイックマッサージのお店は全国で5~6万店、過当競争が叫ばれるコンビニエンスストアの4万店を遥かに上回るとのこと。
本文中にはクイックマッサージにリフレクソロジーも含まれていましたが、アロマやその他様々な施術のどこまでを含んでいるのかは分からないけれど、明らかに飽和状態なのでしょう。

お客様が一人一人異なるように、セラピストもサロンも皆カラーがあります。
だから、沢山のサロンがあれば自分に合ったセラピストも見つけやすくなります。
しかし、そこで生き残っていけるかはまた別の問題で、中々厳しいのも事実です。
他業種に比べ、独立する際の初期投資は格段に少ないので入りやすい反面、続けていくのは大変。
だからね、安易には勧められないのだけれど、同業としてはがんばってほしいなぁと思います。




人気ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリック応援お願い致します☆

work | 【2009-08-18(Tue) 07:34:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

サロンか独立か。

サロンで働くのと独立するの、どちらの方がいいですか・・・?

アロマのスクールに通われてる方や、これからセラピストになりたいという方から、たまに聞かれます。
やはりどちらもメリット、デメリットありますので一概におすすめはできないのですが、私の知っている範囲の事で、少しでもお役に立てればと思って書いてみます。

☆サロン勤務のメリット
・お給料を貰いながら色々な技術を学ぶことができる。
・個人で働くよりはるかに沢山の人の身体に触れることができる。(忙しいお店かどうかにもよりますが、一年で1000人以上も普通にありえます)
・一連のサロンワーク、宣伝や経営について学べる。(これはやる気次第かな)
・何か困ったことがあった時に、すぐに周りのセラピストの意見を聞くことができる。(私にとってこれはすごく大きなメリットでした)
・セラピーについて、健康について、仕事をしていく上で必要な情報が入ってきやすい。
・練習台と称して、他のセラピストさんのトリートメントを受けることができるきゃー

☆サロン勤務のデメリット
・サービス業なので夜間勤務や土日勤務が必須であることが多い。
・お給料、福利厚生が期待できないことが多い。(サロンによって事情はかなり変わってきますが、OLさんの世界や一般的な仕事の"普通"が通用しないことが多いです・・・都内一人暮らしで生計を立てるのはかなり厳しいかな)

一口にサロンと言っても、チェーン展開しているような大手サロンから従業員数名の小さなサロン、百貨店や施設に入っているサロン、ホテル内サロン、リゾート地か都会かetc...どこで働くかによって色々な面でかなり差が出てくると思います。
まずは、どういう環境で働きたいか、どういうお客様を相手にしたいか、雰囲気や施術等自分に合ったサロンなのか、そういう観点での見極めが必要なのかなと思います。入ってみないと分からないことは多いので、難しいところです

私は街中にある、ごくごく一般的なサロンで働いていました。
特筆すべきこと、というか、業界全体で言えるのは、とにかく入れ替わりが激しい!ということ。
早いと数ヶ月以内で離職したり、1年いたら長い方だったり。。(私も人の事を言える立場ではないのですが・・・)
比較的小さいサロンだと、短期間の内に任される(経験できる)ことが多い反面、責任が重過ぎたり、割りに合わないと辞めてしまう人も多いのかもしれません。短期決戦で、学べるだけ学びたいという考えならばいいかもしれないですね。
長く働きたいって考えると、それなりに給与や福利厚生がしっかりしていたり、経営面での心配がなく安定している比較的大きな規模のサロンの方が良いのかも・・・?

続く。

人気ブログランキングに参加しています。
よろしければワンクリック応援お願い致します☆

work | 【2009-08-15(Sat) 09:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © KUMI's Happy Life vol.2 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。